また春がきました

nikki_2017_4_25c

あっという間に4月の後半。またも久しぶりに更新です。

安曇野の桜、4月半ばにやっと咲きました。待ち焦がれた桜。咲いた!と思ったらすぐ満開。とても綺麗です。
そして、緑も増えてツバメが戻ってきて飛び回り、一気に春がきます。

子ども達は新学期を迎えました。
あ、その前に次男は保育園を卒園。安曇野にきて1年。一番大変だったのは実は次男だったのではないかと思います。長男は良い友達に恵まれ中学校生活を楽しんでいますが、次男は時折、西荻窪時代に赤ちゃんの頃から通った保育園を懐かしむ。その言葉を聞くといつも胸が痛みました。でも、大きな保育園になっていろいろと学んだみたい。友達もいっぱいできました。

小学校は家を建てている場所の近くなので、遠く・・また保育園の友達と離れてしまう。家ができるまで車で20分ほどかかりますが、毎朝送迎しています。
友達のいない小学校、また不安だったけれどすぐ新しい友達ができてびっくりしました。私はずっと心配でしたがちゃんと小学生になるもんですね。
楽しく通っていてホッとしています。

nikki_2017_4_25e

さて、家の方は順調に進んでいます。

大工さんがコツコツと日々作業してくれているのを見るたびに、感謝感謝。ありがとうございます!
現在は、外壁はまだついていない状態です。外壁を貼る前・・だそう。

2月までは家の設備で悩んでいましたが、全て決まったので今度はお店つくりに日々悩んでいます。厨房機器はどうする?サイズは?
先週末は厨房機器の相談に行ってきました。

それに、材料の仕入れもどうする?とわからないながらリストを作り、製菓材料の業者さんと打ち合わせ。

やっぱり専門の方と話すと一人でわからないことだらけだった頭の中がすっきりします。それにみなさん親切でありがたいことです。

手探りで迷走しつつ、進めば進むもので、ゆっくり頑張っています^^

nikki_2017_4_25b

次男の送迎、学校の用事、そして11月の終わりから始めたアルバイト。あまり気持ちの余裕がない毎日ですが、お菓子はちょこちょこ作っています。

今、私のお気に入りは自家製ヨーグルト作り。そのヨーグルトを使ってりんごのお菓子を作りました。

ヨーグルトポムポムです。

ポム=りんご。冷やして食べる懐かしの味なのですが、少しリッチな味わいになるレシピで。美味しい^^冬のりんごの季節にカフェのメニューにしたいなぁ。

そんな感じの4月。

冬も終わり、気持ち良い季節がやってきます。

 

上棟です

久しぶりの更新になりましたが、週末に上棟の日を迎えました!

朝から大工さんが8人、そしてクレーン車がやってきて木をどんどん組み立て。

私達が9時半過ぎに到着すると、だいぶ進行していてびっくり。


こちらがその時の様子。

そして15時頃にまた行くと…


1階が出来上がり…

翌日の午後が最初の写真です。屋根がついて、設計士さんが作ってくれた模型そのままの形に。

それにしても、大工さんの見事な仕事ぶりには、とても感動しました。家ってこうやって作るんだなぁ。

今回お願いした大工さんは安曇野の地元の方、親子で大工をされてます。通常は2人で作業ですが、棟上げの時にはこうして大勢で一気につくるのだとか。

上棟というと、上棟式をして餅を撒いたりする方もいますが、我が家は地鎮祭のみで上棟式はしませんでした。でも、大工さんへのお茶出しと手土産は用意。なにをどんな感じにするのかがわからず、調べていたら頭がグルグル…かなり迷いましたが、最後は私たちの出来る範囲で無理せず。。と思うことにしました(^^)

午前は飲み物とお菓子、午後は私のアルバイト先で唐揚げを山盛り作ってもらいお茶に持参。これは良かったみたいで皆さん食べてくれて嬉しい(^^)

(そうそう、昨年末から食堂でアルバイトをしてるのです。飲食の仕事、とても勉強になってます)


家から眺められる景色。

引っ越してもうすぐ1年。時には焦る気持ちもあったけれど、その時出来る事をやろうと突き進み、こうしてここまで辿り着けた気がします。とにかく設計士さんのお陰!とても感謝です。この1ヶ月は細かな設備決めで多分設計士さんもクタクタだと思いますが…(^-^;

夢に向かってまっすぐ進んできた1年。色々と家族の中で葛藤もあり、慣れない生活にケンカあり、泣いたり笑ったりですが、屋根のついた新しい我が家を見て、子どもたちも私達も感慨深く、新しいスタートだと思えました。

西荻窪から応援するよと気持ちよく送り出してくれた友人達、お世話になった皆さん、そして家族。この空が広く気持ち良い場所に迎えられるようカフェ作りも引き続き頑張ります。

工事が始まりました

あっという間に2月!

日記として記しておこうと思いつつ時間がたってしまいましたが、1月13日に無事に地鎮祭を終えました。

強い寒気がくるとしきりにニュースでやっていたので心配しましたが、雪はなんとかサラリと降る程度でした。とはいえ、とても寒かった!猿田彦神社の宮司さん、設計士さんと奥様、大工さん、友人の小林さん。みなさん凍える寒さの中ありがとうございます…。

そして工事が始まってます。

草の生えた土地、あっという間にこんな風に。


基礎屋さん作業中です。

すごいですねー!家づくりの経過を見るのは大好きです。ビフォアアフターも家族で見てたし…(^^)


設計士さんからの経過報告写真。

コンクリート打設だそうです。ミキサー車が来ている。。本当に我が家なのだろうか?と不思議な気分です。

工務店ではなく分離発注というシステムで建てているため、すべての見積もりに目を通し確認したり、どれをどこに置くかをすべて自分達で決めるため、普段使わない部分で考える作業続きで時々思考がストップするときもありますが、やっぱり私たちの家だから。

設計士さんの力をお借りして一緒に頑張りたいと思います。

しかし、よし!これで終わりかな?と思うと次の問題や考えるべきことが出てくる。スルーっと進むなんてことはないのですね。

そうそう、地鎮祭の日は先負だったので午後に行いました。先負は急がず慌てずということ。どうやら今回の家づくりではそうした方が良い方に転ぶようです。延期して良かったことはいくつかある。

ついつい気持ちが前に行きますが、ゆっくり慌てずで進もうと思います。


ヤッホーと山にさけぶ次男。寒いけれど、先週は暖かい日があって嬉しい。

雪とガレットデロワ


安曇野に住み始め、初めての雪。夕方から降り始め、夜もしんしんと降り続け…朝は真っ白でした。

休みの日でよかった!

車と駐車場を家族で雪かき。

道路は除雪されていて車移動だからあまり不便なく、スーパーの駐車場はきれいに雪はなくなり…東京で降った時の方が移動や買物が大変でした。さすが、寒冷地は違うな(^_^)

子どもたちはウキウキ雪遊び。

長男の雪だるまは…

スライムがあらわれた!

それを見て次男も負けじと、スライム…ではなく

キングスライムがあらわれた(^_^)

パパに手伝ってもらい完成。ミルクティーで乾杯〜。

雪満喫の週末でした。

そうそう、今年もガレットデロワを焼きました。

今年のフェーヴ、亀さんは長男のものに。。幸運な1年になりますように。

そして、雪の朝のなにかの足跡。

松本のあめ市

松本の新春あめ市へ行ってきました。

大通りには屋台が並んで、のぞいてみると福ダルマがぞろりと並んでます。松本山辺の職人さんが作るダルマだそう。

眉毛と頰にふわふわとしたおとぼけ顔の松本ダルマもいます。昔、養蚕業が盛んだった松本で生まれたダルマなんだとか。家ができたらお迎えしたいなぁ。


そして、お目当の福飴!いろんなのがありますが新ばし飴の福飴は素朴なお顔で可愛いかった!


こちらは開運堂の上品な福飴。赤い線の入った飴は中が空洞。塩俵を模してます。

あめ市の起源は戦国時代の上杉謙信の「敵に塩を送る」からきたのだとか。塩が飴に変わったようです。

10年ほど前にHanakoで福田里香さんがこの福飴を紹介している記事を見てから、ずっと行ってみたい!と思っていたあめ市。

年明けに松本旅行など難しくチャンスが来なかったけれど、今年ついに行けました!ああ、楽しかった!


福がいっぱいの松本でした。

我が家にも福が来ますように!

あけましておめでとうございます

2017年、安曇野ではじめての初日の出。

家族4人で見ることが出来ました。

そんなに乗り気でもなかったけれど、見た瞬間にとても感動してホロリ…。とっても美しかったです。

よい1年のはじまり。

今年はまたもう一歩、、いや、二歩かな?前に進む予定。

新しいことばかりが待ち構えていて、ちゃんと出来るか不安と期待がいっぱいですが、がんばります。

虹とクリスマス

クリスマスの前の日、設計士さんのところへ向かう朝、大きな虹を見ました。

安曇野で虹をみたいと思っていましたが、なかなか出会わず…やっと!しかも七色にくっきりと。

良い予兆かな?

打合せも滞りなくおわり、また少し一歩前へ。これで心置きなく年が越せそうです。


お世話になった方へ、感謝を込めてミンスミートと栗の渋皮煮入りクリスマスケーキを作り…配達☺︎

ここに暮らしはじめ、安曇野で知る人はまだ少ない。でも、すてきな出会いもあり少しずつつながっていくような…それで良いと思ってます。縁があれば出会うし、つながる。

ミンスミートは1ヶ月漬け込みました。今日もパイを焼くつもり。私の年の瀬のお気に入りです。


クリスマスの今日はぴかっーと晴れて真っ白なアルプスが美しい。

今年は我が家にとって激動の年ではあったけれど、静かに大きく動いたって感じ…かな。

クリスマスの夜、色々と感謝しながら過ごしたいです。この1年、夫と私、そして新しい生活を踏み出すために頑張ったこどもたちに。ありがとう。

待つ12月

月と夕暮れ。

安曇野で1番きれいなのは夕暮れだと思う。闇に溶けるような、、なんともいえない色合い。でもすぐに濃い闇に消えていくのです。

夜は真っ暗ですから。

広い空に月がぽっかりと浮かぶ眺めは、良いものです。

高い建物がないから、空が広い。

さて、

あっという間に12月がきていました。家の方は設計はひと段落して、もうひとつ次の段階へ。

工務店にお願いしているわけではなく、オープンシステムという形をとったのでこれから見積もり会議があるのです。それぞれの職人さんと契約していくことになるのかな。

着工は少し先にのびて、そわそわ。

でも、地鎮祭は出来ることになり楽しみです。簡単にする予定でしたが、着工延期となり、ならば神社にお願いしよう!と思い立ちました。

私の実家は神道だったので家に神棚があったし、お葬式なども神社の神主さんがきたのです。それに神社好き。

きちんとはじめることが出来ることになったから、予定変更でも、良い方に転んでよしとする…ということかな。


焼き菓子は日々焼いてます(^ ^)

家の話

家を考える11月。

設計も大詰めです。

店舗の壁はどうする?床は?席の配置は?…から始まって厨房機器も決めつつ、家の方もどんな風に暮らすか。

ひとつひとつ選ぶ日々ですが、面白いことにそれは、若い頃に考えたことをふと思い出す作業になり、家を作ることが自分の考えを整頓する時間になってます。

店舗は小さなカフェギャラリーになる予定です。

そして、壁について検討中。あれこれ考えているうちに、だいぶ迷走しました。一般的には?見た目は?ベタベタと余計な考えが増えていきます。

でも、振り返れば、やりたかったのはそんなことじゃないなぁって思い出しました。

小学生のころ、私は家で展覧会を何度か開いたことがあります。お客さんは家族。

自分の描いた鉛筆の絵を壁にいっぱいかざりました。

入り口は階段を登ってすぐ。そこから最初の部屋に入って、サンルームを抜け、ベランダに出て、また別の部屋に回って、元の階段に戻る。ちゃんと動線も考えていたっけ。

今思い出すと、不思議なことを考える子どもですね^^

でも、これがやりたかったことの始まりであり、全てだったのかも…とふと思い出したわけです。

この小さな頃からのちょっとした美術館への憧れはずっと続いていて、それが今に繋がってることを忘れずに進めなくちゃ。

子どもの頃の夢は意外と40代となった今も私の根本にある。

というわけで、子どもたちの夢、ひとまず叶っても叶わなくても…持つことは大切!ですね。

それが、いつか自分を助けてくれることになるはずです。

月と星

冬にさしかかり、きーんと空気が冷えて夜空がきれいです。

北東にプレアデス星団、昴が輝いてます。鉄塔の向こうに眺めると銀河鉄道の夜の世界みたい。


この日の月と金星も美しかった。はっとしました。

子どもの頃から夜空を眺めるのが好きです。そしてやっぱり月は特別。


先ほど、三日月が山に沈む光景をはじめて眺めました。

ゆっくり沈む月、言葉のない物語のよう。

自然の美しさ以上のものが、この世にあるのでしょうか?

と、そんなことを思う夜でした。