巡り会ったカフェ

nikki_10_15a

山梨の八ヶ岳で出逢った夢のようなカフェ アンティーブ

安曇野からの帰り道、ちょっと考え過ぎて頭がグルグルしていた時に、思い立って立ち寄った場所です。

オーナーの方のお話を聞いて、、ご夫婦で共有した夢をじっくり形にしていることに、とても共感。

そして、考え過ぎの頭がすっきりしました。

nikki_10_15b

アプフェルクーヘンと珈琲も美味しかったです。

そうそう、たどり着くまで、八ヶ岳が濃い霧に包まれていて車の運転も怖かったのですが(夫が運転しているけど)お店を出た時には、綺麗に晴れていたのが、まるで自分の心のようだったのも不思議でした。

考えても考えなくても、自分の選ぶ道は同じ!
という30代からの私の格言、自分でうっかり忘れてたみたい。

頭でっかちにならず、積み重ねてきた自分の価値観を大切にしよう。

yuki

いもけんぴ

写真 2015-11-04 19 30 19

おやつに作ったいもけんぴ。
なかしましほさんの新しい本「まいにちおやつ」でまず最初に作ったレシピ。
息子達と「おいしい、おいしい」と言いながらほとんど食べて・・少しだけとっておき、翌日。

IMG_3606

あかねさんからいただいた手作りパンにサンド。あんバターいもけんぴ・・カロリーはさておき、美味しすぎました。

さてさて、引越し準備は思いのほか順調で、ひとまずの住まいが決まり諸々の手続き中。それに、安曇野や松本に知人がいるよ!って色々な方面から紹介してくれるのがとてもありがたく、みなさんの親切に感激しています。

しかし家族のことでは色々と悩ましい出来事が起こって、特に子ども達のこととなると、母親としては辛くて心が重くなります。
心配もなくいつも元気だった長男が、最近元気がなくて子どもなりに友人関係に悩んでいる様子。
小学校や中学校の頃って、とても閉じた社会。大人になってからなんて楽なんだ!って思ったものです。みんなと一緒じゃなくても良いのですから。
とにかく、子どもなりの壁につきあたり・・自分がそんな時にどうすればよいのか?を考えさせられたようでした。

私が長男にそっと言ったのは「なにもしないままでは何も変わらないんだよ」ということ。ちょっとの勇気で変わる事もあるので、自分で出来る事をやってみようとなったけれど、こっそりサポートしました。

ひとまず、クリアできたみたい。
あと少しの小学校生活。どうなるかな。色々あったけど楽しかったって卒業できるといいな。

yuki

こども達のこと

nikki_10_26a

次男5才。

なにしろ身体が弱くて、生まれてからずっと私が毎日気になる事。
朝起きたら熱はないかしら?夜寝ているときも熱はどうか?とか、鼻はつまってないかとか・・・。
生後二ヶ月で急性気管支炎で入院して以来、喘息と慢性っぽい副鼻腔炎で病院通いです。さらに、高熱で熱性けいれんを起こすこと5回。

先月は半年ぶりに熱性けいれんになって救急車をよび、5歳になって油断していたことを反省しました。

ですので、広い安曇野へ引っ越そう!と思った後に、最初に考えたのは病院の事。
どのあたりに住めばいいのかしら?夜間救急はあるかな?小児科はどんな感じ?

その心配は調べてみるとすぐに解決できたので一安心。
総合病院もあるし、夜間救急が開設されているので、離れすぎない場所でひとまずの住処をさがしました。
そして、保育園にもしも園で熱性けいれんがおきたら・・という点を確認して対応してくださるとわかったし、ホッ。

安曇野は空気も水もきれいな場所。標高も高尾山なみにあるので、身体が強くなって元気に育つと良いな。

そして、長男は来年、中学生に進学です。
このタイミングを逃すときっと今後は引っ越さないだろうというのも来春にきめた理由のひとつ。

長男の中学校についても、色々と調べてみて見学もして決定。
慣れるかな・・大丈夫かな?とモヤモヤと心配していますが、子どもの方がきっとすぐに慣れますよって言われたりしています^^

子ども達が楽しく過ごせるよう、まずは暮らしを調えて・・安心して新しい生活に入れるように、準備中です。

現在住んでいる区に問い合わせて、安曇野市に問い合わせたり、手続きはなにかと大変ですね!がんばろう。

nikki_10_20c

yuki