春深し

nikki_2016_4_27c

4月のおわり。明日からGWです。

3月末に移住して自然の移り変わりをはっきりと感じる毎日。その美しさに日々驚いています。
あたたかい日も多く花が咲き乱れています。木蓮が満開になって、次は桜。そしてハナミズキ・・・今は菜の花と林檎畑の花が満開です。

nikki_2016_4_28d

かわいい白い花がいっぱい咲いているけれど、、あれは林檎??と保育園へ行く途中に通り過ぎながら気になる。

nikki_2016_4_28e

調べてみたらやっぱり林檎!蕾のピンク色が可愛いのです。
林檎の木が可愛くても、畑なので奥まで入らず周りから見て楽しみます。

nikki_2016_4_28c

次男が嬉しいのはタンポポ。あちこちでいっぱい咲いている^^綿毛もとり放題。

nikki_2016_4_27a

野の花を摘んできて何をするのかな?

nikki_2016_4_27b

色水の実験だそうです。(少ないからこのあともっと摘んできました・・)

安曇野では日常でお買物も保育園の送迎もどこへいくでも車。
私もなんとか毎日運転していますが、、やっぱりまだ慣れない。ですので、徒歩20分圏内であれば自転車に乗っています(自転車にのっている人はとても少ないですけど)

自転車だとこうして花を眺めたり、写真を撮ったりできるのでお気に入り。

そろそろ田んぼに水が入りはじめ、水鏡が美しい季節になるそう。
くっきりと目に映る自然。風が強く外に出られないような日もあるけれど、おだやかな日の気持ちよさは格別です。

安曇野~松本ちいさな旅

nikki_2016_4_19jさあ、更新しよう!と思ったら画像がアップできなくなるというトラブルがおこり、やっと整ったパソコン周り。気を取り直し、少しずつ安曇野生活を綴りたいと思います。

先週末に、母が安曇野へやってきました。新宿から特急あずさで松本まで3時間。

松本まで車でお出迎えです。

まだ私達の新しい暮らしがはじまって1か月ばかりだけれど、杉並区で育った私や赤ちゃんの頃から成長を見守った孫達を心配していた母。安曇野で元気に暮らしているところを見せて安心してほしかったのであちこちと案内しました。

まずは穂高を越えて池田町の奥にあるラベンダーガーデンへ。山桜がたくさん咲きほこり、桃源郷のような夢のような眺め。

nikki_2016_4_19i

気ままに歩く次男も楽しそう。

そして、安曇野に来たら、もちろん美味しいお蕎麦を食べますよ。

nikki_2016_4_19k

上條は美術館を改装して出来たお蕎麦屋さんだそう。大人の女性の2人旅・・が似合うような上品な雰囲気^^
私は熱々の桜肉汁に冷え蕎麦をつける『つけうま』を。
桜肉がやわらか〜。冷たいお蕎麦を汁につけるとほどよく柔らくなり喉越しよく、また食べたいと思うお味でした。美味しかった!

車で移動の帰り道、直売所にも寄り道。
安曇野に直売所はたくさんありますが、今回は明科のファーマーズガーデンです。春になって山菜や筍ずらり!私も母もお料理好きなのは一緒なのであれこれとお買物。春の直売所はとても楽しい♩

nikki_2016_4_19

さてさて、今回、母のリクエストは温泉にはいりたい。

どこへ行こうかな?とあれこれ考えましたが、意外と近かった浅間温泉へ。家から車で20分程で温泉街・・嬉しい発見!昭和感漂う感じ、良いなぁ。

nikki_2016_4_19g

少し贅沢に旅館の風呂で日帰り温泉。良いお湯でした。
疲れもすっかりとれて、夕暮れの中、女鳥羽川沿いを車で走り松本へ。

 nikki_2016_4_19d

夜ごはんは松本民芸家具が並ぶ木曽屋田楽へ。
6年程前にも訪れましたが、変わらず著度よい旅気分を味わえるのが好きです。

nikki_2016_4_19f

nikki_2016_4_19e

豆腐田楽や鰻、柳川鍋などみんなで食べて、美味しかったねと良い気分で帰りました。そうそう、ぜんまいのお浸しがとても美味しくて印象的だった。春ならではですね〜。お店の方がとても親切だったのも嬉しい。ごちそうさまでした。

 翌日は朝から近所をお散歩して、車でビューッと松本へ。
中道通りの大好きな陶片木をみたり、お茶をしたり。

nikki_2016_4_19c

引越してきてからこうして観光する時間もなかったので、私達も発見がいっぱいでした。とにかく母が喜んでくれたようで良かった。
中央線でつながっているし、意外と近いんだなと安心したかしら?

yuki

安曇野で第1歩

nikki_2016_4_7a

安曇野から発信!
やっと日記を更新するところまで暮らしがととのってきました。

3月の半ばの引越し、そのあとに長男の卒業式で西荻窪へ戻り、本当に安曇野へ。

卒業式では名残惜しくて校庭をなかなか立ち去れなかった長男。お世話になった幼馴染みの家で車に乗ってサヨウナラをしたあと、気づくと後ろの席で泣いていました。立ち寄りたかったお店もいくつかあったけれど、制服姿を見せたかったけれど、、息子の気持ちを考えてそっとそのまま安曇野へ。

子ども達の新しいスタートまで春休みは、なるべくたのしい時間になるように出かけたり、それとリラックスできるように・・おそろしい勢いでダンボールを片付ける私。腰が痛くなったけれど温泉でひとやすみしつつ、ひとまずの住まいも快適になりました^^

そして今週ついに中学の入学式!

nikki_2016_4_7c誰も知らない中、緊張しながら教室に入る長男。
ほぼひとつの小学校からの持ち上がりで、県外から転入してくる子どもはひとりだけ。浮いて心細そうな姿にむしろ私が泣きそうでしたが、帰り道に周りの子から声をかけられたと聞いてホッとしました。
自分で自分の道を切り開いてすごいなぁと我が子ながら感心したりして。移住する事を決めてから、私が一番気がかりで心配だったのは中学生活。友達も出来そうだと今日も話していたので、心からほっとしました。

とはいえ「長野は気に入っているけど、やっぱり友達に会いたいなー」と話してます。素直になんでも話すからその点は安心だけど、さみしい気持ちを考えると、ちゃんとあれこれと話して好きな時間を作って、サポートしてあげなくちゃな。

nikki_2016_4_7dそして続いて次男の入園式。
年長さんでも入園式があるのです。一応ネクタイをしていきました^^

大きなホールで全学年揃っての式は今までの環境と違って、人の多さにビックリ。
でも、あっという間に周りの子とおしゃべりしてお友達気分で帰宅。良かった!こちらもホッ。
母の方は保育園でいろいろと勝手が違って戸惑い気味。用意するものがすごく多いのです。私も子ども達に負けじと頑張らなくては。

nikki_2016_4_7e

家族みんな新しい生活がはじまって、私の出来る事といえば・・・やっぱりおいしいごはんを作ることが一番だと思う訳です。いつものことですが。
何を言ってあげたって、みんなそれぞれ緊張もあって疲れているだろうし、そんな中で(おいしい・・)と思えるごはんの時間は大事だろうと。

というわけで、ごはんをせっせと作っています。

それに、学校や保育園の準備もせっせと・・・。

もう少し落ち着いたら、私のスタートもきれるかな?

yuki