工芸の五月 松本にて

nikki_2016_6_10e

工芸の五月。松本のあちこちで工芸の企画展が続く1か月。
私がずっと楽しみにしていたイベントです。

7年か8年前、松本に訪れた時に工芸の五月のガイドブックを見てなんて素晴らしい企画だろう!と感激、こうしてじっくりそれを楽しめる日を待っていました。街全体で工芸をたのしむなんて素敵なことです。松本は民芸の街ですし、それがぴったりな城下町。

まあ、小さな子どもがいると早々じっくり行けないけれど・・;^^でも、いくつか見ることができたし、行きたかったまつもとクラフトマーケットへも足を運べた!

クラフトマーケットの2日間は車は混み合い駐車するのが大変だと聞いていたので、電車で行くことにしました。

nikki_2016_6_10b

安曇野では電車ってほとんど乗らないのですが、駅ののんびり感が好きです。遠くでとんびの声が聞こえて田んぼが見えて、、待ち時間も苦にならない。

そして、いつもは静かな松本駅に人がいっぱい。まつもとクラフトマーケットはすごい人出でした。たくさんのブース、工芸品と作家の方、くるくると見て回り・・でもなんとなくいいなではなく、これは良い!と思うモノを買いたかったので財布の紐は固め。

nikki_2016_6_10o

以前から気になっていた草木染めろうそくの  ほとり屋 さんの淡く繊細なろうそく。

nikki_2016_6_10p

それと私には珍しくカラフルではない器^^素朴な存在感がとても気に入りました。

真夏のような暑さのこの日。テクテク歩き、中町通りにでてカステラとレモンソーダを飲みました。

nikki_2016_6_10d

cafe chiiannの静かな店内。

 

また大糸線にゆられて帰り、駅まで車でみんなが迎えにきてくれた。

帰り道、小麦畑が金色できれいでした。安曇野の麦秋です。

nikki_2016_6_10a

投稿者:

yuki_12

長野県安曇野市にて「月とビスケット.」というカフェを営んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です