家作り1 ヒアシンスハウス

nikki_2016_8_5o

私の旅のハガキコーナー。
旅といっても心の旅。旅を感じるハガキ、届いた手紙をとめてます。

家作りの話。少しずつ進行しています。

7月、最初の自分達の希望の間取りをあれこれと見ながら考えて、設計士さんに送りました。店舗と家の割合、ほどよい大きさ・・エトセトラ。
そして最初の配置図が出来上がりました。まだ詰めないといけないので設計士さんの手描きですが、具体的なイメージがはじめて目の前に。現実にこれを建てるのかと思うとワクワクもありつつ、ドキドキします。

さて、今回、設計をどうしようか?ということで、色々考えましたが気候のこともあるし地元の方にお願いしたいと思っていました。そうして数人の設計士の方の手がけた建物をみているうちに、(あ、いいな)と感覚的に惹かれた方に相談に行ったのです。

最初の説明ではうまく私達のイメージを伝えきれなかった。

2回目は資料をたくさん持ってきました。そして、夫婦ふたりの好きな建物の話をしたり。先日に日記にも書いたけれど・・清家清さんの「私の家」、それに素朴で美しい立原道造の思い描いた「ヒアシンスハウス」のこと。

するとヒアシンスハウスは若い頃からずっと好きな建物だと言って「ハガキを持っているのであげますよ」って、くださったのです

なんとも嬉しくてビックリしました。そして、これは縁があったのだと、その方にお願いしよう!と、その瞬間、夫も私も感じました。

安曇野が好きで暮らしはじめたけれど、知らない土地に越してきて、知らない人だらけ。そんな中でこうして縁が繋がるのはなにか惹かれるものがあったからだと思うのです。そういうことを大事にしたいなぁと思います。

配置図はまだまだ練らないと・・とくに店舗。

その話はまた今度。

 

投稿者:

yuki_12

長野県安曇野市にて「月とビスケット.」というカフェを営んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です