霧の朝

nikki_2016_9_27c

週末、「霧だよ」と夫に起こされて窓の外を見てみると、あたり一面の真っ白の霧。

外へ出てみると幻想的な世界でした。

nikki_2016_9_27b

近くの川の鴨たち。
なんだかイギリスの田舎町の景色みたい。

nikki_2016_9_27a

そして白く、くっきりと浮かびあがる蜘蛛の巣の美しさ。

いつもは嫌だなと思う蜘蛛の巣。それに遠くを飛ぶからす、霧の中では美しく見えました。なんとなく自分の目で見ている世界はひとつだけのようでそうでもないと思えました。

家作り2

nikki_2016_9_21g

十五夜のすすき。

さて、家作り、工事はまだですが少しずつ進行中です。

今は図面を検討中。
土地のどの場所に作るか?からはじまり、手描きの配置図で間取りなどを考えました。家は必要最小限だしイメージがあったのですんなり決まるものの、お店の方は試行錯誤。参考に本を買ってみたり、今までの経験を思いだし書いてみたり。

学生時代にアルバイトをいっぱいしておいて良かった^^
喫茶店、レストラン、ラーメン屋(懐かしの阿佐ヶ谷にあったげんこつラーメンですよ!)パン屋・・飲食店での経験豊富です。人生経験、いつかは役に立つものですね。

厨房は少し広め、カウンターに焼き菓子並べたい、本棚多め、エトセトラ。さほど大きなお店ではないにしても、配置は大事ですもんね。

そうしてやっと決まったので、図面起こし中(設計士さんが)

そして、土地のご近所の方にもご挨拶に伺いました。
ここでやっとホッ。土地を決めたと言っても、ご挨拶までいかないとどうにも落ち着きません。

少し高台にあるこの場所からは、田舎らしい風景も見えるし、夜は安曇野の街灯りも見えてきれいです。みんなが遊びにきてくれると良いなぁ。

そうそう、安曇野で土地探しを始めてから色々と勉強になりましたが、安曇野市では景観条例があるのでどこでも家を建てられる訳ではないのです。
ポツンと建てるのはNG。宅地に続いていないといけないので、基本的には家の並びに家を建てる決まりがあったり、店舗を作って良いのは市街地振興区域のみだったり、いくつか規制があります。
そのほか農地転用についての規制とか。。
子ども達が学校に通える場所、でも住宅地ではなく景色も良い、そしてお店も考えると駐車場が必要なのである程度の広さもほしい・・といくつかの希望をかなえるにはアレ?意外と難しいぞ!と途中で気づいたのでした。

移住してみて気づく事は色々あるものですね。

nikki_2016_9_21b

焼き菓子もたくさん試作しています。試行錯誤中のバターミルクビスケット。美味しくなってきた!

nikki_2016_9_21a

今年の十五夜の月。雲がきれて見えてきた!良い眺めでした。

小布施と青林檎

nikki_2016_9_8c

9月の最初の日曜日は小布施へ行くとだいぶ前から決めていました。

以前、大好きな雑誌RSVP(イギリスの暮らしを紹介している雑誌です)で、小布施で生産されているイギリス生まれの青リンゴ、ブラムリーが紹介されていました。
ぜひ買いに行きたいと思って数年。安曇野から小布施は1時間ほどで行けるので、待ちに待ったブラムリーを買う小さな旅へ。

9月初旬から中旬のみ販売されるブラムリー。短い旬です。

さて、小布施へ行くなら栗も楽しみたいですね。nikki_2016_9_8e

もちろんモンブランも食べました!以前じゅんこさんに教えてもらった栗の木テラス。大人の味、おいしい^^

街を少し散策。路地裏がすてき。

nikki_2016_9_8b

直売所へ向かう道、小布施は林檎畑と栗畑が続き、赤い林檎の木が青空に映えてとてもかわいい景色でした。

nikki_2016_9_8d

そしてブラムリーに出会えました!うれしい。
思っていたよりも大きいんだなぁ。このぐらいで良いかしら・・とドッサリ買って、帰りました。

家に帰って早速ジャムにしたら、、衝撃!

nikki_2016_9_8f

朝ごはん、スコーンを焼いてブラムリージャムとクリームチーズを添える幸せ。
それと、ZINCさんの珈琲豆を挽いて淹れる幸せ。

ブラムリーにすっかり夢中になってしまったので、おやつのはなしはWEBマガジン「ちいさないえ」の方にジックリ書きたいと思います。
なにを作ろうか?と考えるだけで楽しい。

それにしても長野県は食材の宝庫。これから秋の味もたのしみです。