暦の会

あずみの小林農園宅で暦の会。

奥さんの陽子さんが二十四節気に合わせて開いてくれます。

10月は十三夜(芋名月)の会。

このあたりで、ちょうどこの時期にとれる野菜を田楽にして楽しむそうなので、里芋の田楽をみんなで作りました。

里芋はその日にとれた新鮮なもので、金だわしでこすると皮がきれいにむけました。これには感激。そして、こっくりと甘い味噌を練ります。味噌は自家製。

お芋も、田楽味噌もとても美味しかった!

おろぬき菜の煮浸しも作りました。おろぬき菜とは、大根などを間引いたもの。直売所でも売ってるんです。安いし、栄養満点…しかも美味しい(^^)なのでよく買います。

楽しい会、野菜のおすそ分けもいただき楽しく帰りました。


子ども達や夫にも食べさせたいと早速夜も里芋田楽。

長男はオレの知ってる里芋と違う〜と美味しさ堪能してました。違いのわかる男…になりつつあるか⁉︎^_^


小林家でいただいた渋柿、翌日早速干しました。

楽しみで毎日眺めている。

暦を感じながら暮らしたかったので、とてもありがたい会、また次回も楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です