虹とクリスマス

クリスマスの前の日、設計士さんのところへ向かう朝、大きな虹を見ました。

安曇野で虹をみたいと思っていましたが、なかなか出会わず…やっと!しかも七色にくっきりと。

良い予兆かな?

打合せも滞りなくおわり、また少し一歩前へ。これで心置きなく年が越せそうです。


お世話になった方へ、感謝を込めてミンスミートと栗の渋皮煮入りクリスマスケーキを作り…配達☺︎

ここに暮らしはじめ、安曇野で知る人はまだ少ない。でも、すてきな出会いもあり少しずつつながっていくような…それで良いと思ってます。縁があれば出会うし、つながる。

ミンスミートは1ヶ月漬け込みました。今日もパイを焼くつもり。私の年の瀬のお気に入りです。


クリスマスの今日はぴかっーと晴れて真っ白なアルプスが美しい。

今年は我が家にとって激動の年ではあったけれど、静かに大きく動いたって感じ…かな。

クリスマスの夜、色々と感謝しながら過ごしたいです。この1年、夫と私、そして新しい生活を踏み出すために頑張ったこどもたちに。ありがとう。

待つ12月

月と夕暮れ。

安曇野で1番きれいなのは夕暮れだと思う。闇に溶けるような、、なんともいえない色合い。でもすぐに濃い闇に消えていくのです。

夜は真っ暗ですから。

広い空に月がぽっかりと浮かぶ眺めは、良いものです。

高い建物がないから、空が広い。

さて、

あっという間に12月がきていました。家の方は設計はひと段落して、もうひとつ次の段階へ。

工務店にお願いしているわけではなく、オープンシステムという形をとったのでこれから見積もり会議があるのです。それぞれの職人さんと契約していくことになるのかな。

着工は少し先にのびて、そわそわ。

でも、地鎮祭は出来ることになり楽しみです。簡単にする予定でしたが、着工延期となり、ならば神社にお願いしよう!と思い立ちました。

私の実家は神道だったので家に神棚があったし、お葬式なども神社の神主さんがきたのです。それに神社好き。

きちんとはじめることが出来ることになったから、予定変更でも、良い方に転んでよしとする…ということかな。


焼き菓子は日々焼いてます(^ ^)