松本のあめ市

松本の新春あめ市へ行ってきました。

大通りには屋台が並んで、のぞいてみると福ダルマがぞろりと並んでます。松本山辺の職人さんが作るダルマだそう。

眉毛と頰にふわふわとしたおとぼけ顔の松本ダルマもいます。昔、養蚕業が盛んだった松本で生まれたダルマなんだとか。家ができたらお迎えしたいなぁ。


そして、お目当の福飴!いろんなのがありますが新ばし飴の福飴は素朴なお顔で可愛いかった!


こちらは開運堂の上品な福飴。赤い線の入った飴は中が空洞。塩俵を模してます。

あめ市の起源は戦国時代の上杉謙信の「敵に塩を送る」からきたのだとか。塩が飴に変わったようです。

10年ほど前にHanakoで福田里香さんがこの福飴を紹介している記事を見てから、ずっと行ってみたい!と思っていたあめ市。

年明けに松本旅行など難しくチャンスが来なかったけれど、今年ついに行けました!ああ、楽しかった!


福がいっぱいの松本でした。

我が家にも福が来ますように!

小布施と青林檎

nikki_2016_9_8c

9月の最初の日曜日は小布施へ行くとだいぶ前から決めていました。

以前、大好きな雑誌RSVP(イギリスの暮らしを紹介している雑誌です)で、小布施で生産されているイギリス生まれの青リンゴ、ブラムリーが紹介されていました。
ぜひ買いに行きたいと思って数年。安曇野から小布施は1時間ほどで行けるので、待ちに待ったブラムリーを買う小さな旅へ。

9月初旬から中旬のみ販売されるブラムリー。短い旬です。

さて、小布施へ行くなら栗も楽しみたいですね。nikki_2016_9_8e

もちろんモンブランも食べました!以前じゅんこさんに教えてもらった栗の木テラス。大人の味、おいしい^^

街を少し散策。路地裏がすてき。

nikki_2016_9_8b

直売所へ向かう道、小布施は林檎畑と栗畑が続き、赤い林檎の木が青空に映えてとてもかわいい景色でした。

nikki_2016_9_8d

そしてブラムリーに出会えました!うれしい。
思っていたよりも大きいんだなぁ。このぐらいで良いかしら・・とドッサリ買って、帰りました。

家に帰って早速ジャムにしたら、、衝撃!

nikki_2016_9_8f

朝ごはん、スコーンを焼いてブラムリージャムとクリームチーズを添える幸せ。
それと、ZINCさんの珈琲豆を挽いて淹れる幸せ。

ブラムリーにすっかり夢中になってしまったので、おやつのはなしはWEBマガジン「ちいさないえ」の方にジックリ書きたいと思います。
なにを作ろうか?と考えるだけで楽しい。

それにしても長野県は食材の宝庫。これから秋の味もたのしみです。

東京から松本案内

nikki_2016_6_14c

松本城はいつもきれい^^

さて、今日はたまに聞かれる安曇野への行き方をご紹介します。
松本までくれば、安曇野はすぐその先です。

松本といえば、、中央線沿線に住む方はおなじみの特急あずさの終点。
最近は安曇野市の穂高の方まで乗り入れる便もあるみたいです。

ですので、あずさに乗ればあっという間!
特にスーパーあずさは停車駅が少なく2時間半くらいで到着します。

ですが、実は最近は高速バスも便利なのです。

nikki_2016_6_14b

新宿駅南口に新しくオープンしたビルNEWoMAN(ニュウマン)。
その4階が高速バスターミナルのバスタ新宿です。

我が家はいつもインターネットで予約しています。チケットレスで携帯またはスマホの予約画面を見せるだけなので、便利。
ハイウェイドットコム

当日バスタでも買えますが新宿〜松本便はビジネスマンの方も多いので割合と満席になるのが早く、予約しておいた方が良いと思います。

高速バスだと片道3500円なので安いのが魅力。
女性専用シートがあるので、私が一人で乗るときはいつもそちらを予約します。

ただ難点は・・松本から東京へ行く時に調布インターあたりから猛烈に渋滞する事。

ですので、私は往復する時に松本→東京は特急あずさ。
東京→松本は高速バスで行く事にしています。バスの旅も途中SAで休憩を挟むのでなかなか楽しい。

引越しをしてから、何度か家の用事で日帰りで東京へ行きました。
朝にでて、夕方新宿を出れば遅くならず意外と行けるのです。しかも寄り道もして♩

松本まで来たら駅までお迎えにあがりますよ。。
または松本で大糸線に乗り換えると、のんびり安曇野方面へ行く事ができます。

日帰りでも、もちろん1泊でも気軽に行ける気がしてきたでしょう!

松本はこじんまりとすべてが集まっている街。お城も民芸もお洒落なカフェもレトロな喫茶店も。温泉も近いし。
日帰りでも充分楽しめるので気分転換に小さな旅。おすすめです。

霧ヶ峰ころぼっくるひゅって

nikki_2016_5_17g

そういえば、5月に思い立って朝から霧ヶ峰へ行ってきました。
「あさごはん、食べに行ってみようか?」と夫の提案で、車でびゅーんと1時間。

霧ヶ峰に到着。

nikki_2016_5_17h

nikki_2016_5_17n

こんな景色が見られるとは。空が近い。
絵本の1ページのような眺めです。
それに、南アルプスと北アルプス、富士山、すべての山をぐるりと見通せる。

それでは、憧れのあの場所へ。看板発見!
霧ヶ峰のころぼっくるひゅってです。

nikki_2016_5_17m

nikki_2016_5_17k

雑誌で見て、いつか行きたいと思っていたカフェ。
この景色を眺めてなんて本当に贅沢。

nikki_2016_5_17j

サイフォン珈琲、ミルクコーヒー、葡萄ジュース、ボルシチも食べます^^

nikki_2016_5_17i

厚切りのトーストにチーズがとろり。

気持ち良い風、遠くの山、おいしいごはん。

私は山登り大好き!ではないのですが、両親が登山好きで小さな頃から山登りに連れて行かれ、小学生の頃は夏に数回キャンプに行き、テントだって自分で設置して(今時のテントではなく、三角の昔ながらのテント・・)かまども作るような。。インドアな性格なのにアウトドアな夏を過ごしていたので、やはり山や森にくるとなんだか想い出も蘇り懐かしく落ち着くのです。

子どもの頃の日々は、心と身体に染み付いているものですねぇ。

思いつき(夫の)で勢い良く霧ヶ峰に行けて良かった。

nikki_2016_5_17l

ごちそうさまでした。
またきます。

工芸の五月 松本にて

nikki_2016_6_10e

工芸の五月。松本のあちこちで工芸の企画展が続く1か月。
私がずっと楽しみにしていたイベントです。

7年か8年前、松本に訪れた時に工芸の五月のガイドブックを見てなんて素晴らしい企画だろう!と感激、こうしてじっくりそれを楽しめる日を待っていました。街全体で工芸をたのしむなんて素敵なことです。松本は民芸の街ですし、それがぴったりな城下町。

まあ、小さな子どもがいると早々じっくり行けないけれど・・;^^でも、いくつか見ることができたし、行きたかったまつもとクラフトマーケットへも足を運べた!

クラフトマーケットの2日間は車は混み合い駐車するのが大変だと聞いていたので、電車で行くことにしました。

nikki_2016_6_10b

安曇野では電車ってほとんど乗らないのですが、駅ののんびり感が好きです。遠くでとんびの声が聞こえて田んぼが見えて、、待ち時間も苦にならない。

そして、いつもは静かな松本駅に人がいっぱい。まつもとクラフトマーケットはすごい人出でした。たくさんのブース、工芸品と作家の方、くるくると見て回り・・でもなんとなくいいなではなく、これは良い!と思うモノを買いたかったので財布の紐は固め。

nikki_2016_6_10o

以前から気になっていた草木染めろうそくの  ほとり屋 さんの淡く繊細なろうそく。

nikki_2016_6_10p

それと私には珍しくカラフルではない器^^素朴な存在感がとても気に入りました。

真夏のような暑さのこの日。テクテク歩き、中町通りにでてカステラとレモンソーダを飲みました。

nikki_2016_6_10d

cafe chiiannの静かな店内。

 

また大糸線にゆられて帰り、駅まで車でみんなが迎えにきてくれた。

帰り道、小麦畑が金色できれいでした。安曇野の麦秋です。

nikki_2016_6_10a

松本さんぽ+ソラ設計事ム所

nikki_2016_5_17b

週末、友人というか妹の妹のようなcちゃんが松本にやってきました。
夏のように暑く日差しの強い日。

待合せの前にちょっと寄り道。
松本のGooglemapを見ていてミナペルホネンと表記されているのが気になっていたのです。ほんとにあるのかな?と思ったら本当にあった!

可愛さを補給。
東京のミナは早々行かない場所だったので松本だったらすぐ行ける。次はお買物したいな^^
nikki_2016_5_17qそして、待合せ場所の塩川喫茶部へ。
以前、前を通りかかり店構えに味があって良いなぁと思っていた甘味処。

nikki_2016_5_17pクリームあんみつを頼んでみると、大きなガラスボールの器でびっくりしました。シロップをかけるのではなく、ひたひたと甘いシロップ水にひたっている寒天。
なんだか懐かしい味でした。

そしてCちゃんの友人の展示を見にあがたの森の先の先。
ソラ設計事ム所へ。
ソラ設計事ム所は設計事務所ではなく2人の女性のアトリエ兼展示スペース。布もの作品や刺繍はサノアヤコさん・陶芸はクサブカセイコさん。

描かれた線路の先に作品が続く、ほのぼのとしていてすてきな展示でした!私のとても好きな雰囲気。

引越した先で友人の友人に巡りあい、いいなぁと思う作品に出会えるなんて本当に嬉しい。おふたりといろいろとお話も出来、西荻の話もなぜか出てきてびっくりしたり^^Cちゃん、みなさんありがとう。
よい1日になりました。

nikki_2016_5_17d

元喫茶店だった場所なのでお茶も出来ます。おにぎりセット。

そうそう、引越す前に「実は安曇野へ引越すので・・」と話すと、知り合いがいるよと言われる事が多くて驚いたものです。そして紹介してくださった方も数人。やっと落ち着いてきたのでこれからお会いしたいなぁ。

 

新緑のアルプス公園

nikki_2016_5_9d

長かったGWがおわって日常が戻ってきました。
連休は天気もよく新緑がきれいで、トトロにも会えました^^

nikki_2016_5_9f

松本と安曇野の間にあるアルプス公園からの眺め。

すごく近いし、眺めは良いし、無料なのに遊具盛りだくさんでお気に入りの公園です。GWにやってきた子ども達も連れて太陽の下でいっぱい遊びました。

nikki_2016_5_9e

小さな動物園もあります。小鳥と小動物の森。
とても大らかな動物園で・・鳥たちが集まっているバードホールでは私の目の前にこの白孔雀が優雅に横たわっていました。柵はあるけど割合と自由に柵の隙間から出てくる鳥達。子ども達もフラミンゴや孔雀に大喜び。

 

nikki_2016_5_11a遊具も大らか。大胆に岩山に登る!次男が登っているのを見るとヒヤヒヤしますが、、ここは冒険広場。たくましく行ってこいと送り出します。
しかし滑り台も急角度でびっくり^^

nikki_2016_5_11d

疲れたら屋台のかき氷を芝生の上で食べる・・次男にとって最高の場所。

安曇野には国営アルプスあづみの公園がありますが、GWはとても混んでいるのでこちらに来てみて正解でした。

それにしても・・
自然豊かな場所だとしても、公園があるかどうかは別。引越してきたばかりの時に「公園は?」と次男に聞かれて(どこにあるのかな?)とキョロキョロしてもみつからないので、公園ってないのかしら!と心配に思いましたが、こんなに大きなサイズの公園が近くにあったとは。

そして遊び疲れたら温泉へ。アルプス公園からだと浅間温泉がとても近く(近くといってももちろん徒歩ではなく、車で15分という距離です)

というのが我が家の定番コース。毎週温泉に行けるなんて贅沢ですね。

日帰り温泉だけでも嬉しくて満足ですが、浅間温泉には星野リゾート界があったり、老舗旅館の菊の湯などもあるのです。近いけれどいつか泊まってみたいな。

 

 

安曇野~松本ちいさな旅

nikki_2016_4_19jさあ、更新しよう!と思ったら画像がアップできなくなるというトラブルがおこり、やっと整ったパソコン周り。気を取り直し、少しずつ安曇野生活を綴りたいと思います。

先週末に、母が安曇野へやってきました。新宿から特急あずさで松本まで3時間。

松本まで車でお出迎えです。

まだ私達の新しい暮らしがはじまって1か月ばかりだけれど、杉並区で育った私や赤ちゃんの頃から成長を見守った孫達を心配していた母。安曇野で元気に暮らしているところを見せて安心してほしかったのであちこちと案内しました。

まずは穂高を越えて池田町の奥にあるラベンダーガーデンへ。山桜がたくさん咲きほこり、桃源郷のような夢のような眺め。

nikki_2016_4_19i

気ままに歩く次男も楽しそう。

そして、安曇野に来たら、もちろん美味しいお蕎麦を食べますよ。

nikki_2016_4_19k

上條は美術館を改装して出来たお蕎麦屋さんだそう。大人の女性の2人旅・・が似合うような上品な雰囲気^^
私は熱々の桜肉汁に冷え蕎麦をつける『つけうま』を。
桜肉がやわらか〜。冷たいお蕎麦を汁につけるとほどよく柔らくなり喉越しよく、また食べたいと思うお味でした。美味しかった!

車で移動の帰り道、直売所にも寄り道。
安曇野に直売所はたくさんありますが、今回は明科のファーマーズガーデンです。春になって山菜や筍ずらり!私も母もお料理好きなのは一緒なのであれこれとお買物。春の直売所はとても楽しい♩

nikki_2016_4_19

さてさて、今回、母のリクエストは温泉にはいりたい。

どこへ行こうかな?とあれこれ考えましたが、意外と近かった浅間温泉へ。家から車で20分程で温泉街・・嬉しい発見!昭和感漂う感じ、良いなぁ。

nikki_2016_4_19g

少し贅沢に旅館の風呂で日帰り温泉。良いお湯でした。
疲れもすっかりとれて、夕暮れの中、女鳥羽川沿いを車で走り松本へ。

 nikki_2016_4_19d

夜ごはんは松本民芸家具が並ぶ木曽屋田楽へ。
6年程前にも訪れましたが、変わらず著度よい旅気分を味わえるのが好きです。

nikki_2016_4_19f

nikki_2016_4_19e

豆腐田楽や鰻、柳川鍋などみんなで食べて、美味しかったねと良い気分で帰りました。そうそう、ぜんまいのお浸しがとても美味しくて印象的だった。春ならではですね〜。お店の方がとても親切だったのも嬉しい。ごちそうさまでした。

 翌日は朝から近所をお散歩して、車でビューッと松本へ。
中道通りの大好きな陶片木をみたり、お茶をしたり。

nikki_2016_4_19c

引越してきてからこうして観光する時間もなかったので、私達も発見がいっぱいでした。とにかく母が喜んでくれたようで良かった。
中央線でつながっているし、意外と近いんだなと安心したかしら?

yuki