松本のあめ市

松本の新春あめ市へ行ってきました。

大通りには屋台が並んで、のぞいてみると福ダルマがぞろりと並んでます。松本山辺の職人さんが作るダルマだそう。

眉毛と頰にふわふわとしたおとぼけ顔の松本ダルマもいます。昔、養蚕業が盛んだった松本で生まれたダルマなんだとか。家ができたらお迎えしたいなぁ。


そして、お目当の福飴!いろんなのがありますが新ばし飴の福飴は素朴なお顔で可愛いかった!


こちらは開運堂の上品な福飴。赤い線の入った飴は中が空洞。塩俵を模してます。

あめ市の起源は戦国時代の上杉謙信の「敵に塩を送る」からきたのだとか。塩が飴に変わったようです。

10年ほど前にHanakoで福田里香さんがこの福飴を紹介している記事を見てから、ずっと行ってみたい!と思っていたあめ市。

年明けに松本旅行など難しくチャンスが来なかったけれど、今年ついに行けました!ああ、楽しかった!


福がいっぱいの松本でした。

我が家にも福が来ますように!

東京から松本案内

nikki_2016_6_14c

松本城はいつもきれい^^

さて、今日はたまに聞かれる安曇野への行き方をご紹介します。
松本までくれば、安曇野はすぐその先です。

松本といえば、、中央線沿線に住む方はおなじみの特急あずさの終点。
最近は安曇野市の穂高の方まで乗り入れる便もあるみたいです。

ですので、あずさに乗ればあっという間!
特にスーパーあずさは停車駅が少なく2時間半くらいで到着します。

ですが、実は最近は高速バスも便利なのです。

nikki_2016_6_14b

新宿駅南口に新しくオープンしたビルNEWoMAN(ニュウマン)。
その4階が高速バスターミナルのバスタ新宿です。

我が家はいつもインターネットで予約しています。チケットレスで携帯またはスマホの予約画面を見せるだけなので、便利。
ハイウェイドットコム

当日バスタでも買えますが新宿〜松本便はビジネスマンの方も多いので割合と満席になるのが早く、予約しておいた方が良いと思います。

高速バスだと片道3500円なので安いのが魅力。
女性専用シートがあるので、私が一人で乗るときはいつもそちらを予約します。

ただ難点は・・松本から東京へ行く時に調布インターあたりから猛烈に渋滞する事。

ですので、私は往復する時に松本→東京は特急あずさ。
東京→松本は高速バスで行く事にしています。バスの旅も途中SAで休憩を挟むのでなかなか楽しい。

引越しをしてから、何度か家の用事で日帰りで東京へ行きました。
朝にでて、夕方新宿を出れば遅くならず意外と行けるのです。しかも寄り道もして♩

松本まで来たら駅までお迎えにあがりますよ。。
または松本で大糸線に乗り換えると、のんびり安曇野方面へ行く事ができます。

日帰りでも、もちろん1泊でも気軽に行ける気がしてきたでしょう!

松本はこじんまりとすべてが集まっている街。お城も民芸もお洒落なカフェもレトロな喫茶店も。温泉も近いし。
日帰りでも充分楽しめるので気分転換に小さな旅。おすすめです。

工芸の五月 松本にて

nikki_2016_6_10e

工芸の五月。松本のあちこちで工芸の企画展が続く1か月。
私がずっと楽しみにしていたイベントです。

7年か8年前、松本に訪れた時に工芸の五月のガイドブックを見てなんて素晴らしい企画だろう!と感激、こうしてじっくりそれを楽しめる日を待っていました。街全体で工芸をたのしむなんて素敵なことです。松本は民芸の街ですし、それがぴったりな城下町。

まあ、小さな子どもがいると早々じっくり行けないけれど・・;^^でも、いくつか見ることができたし、行きたかったまつもとクラフトマーケットへも足を運べた!

クラフトマーケットの2日間は車は混み合い駐車するのが大変だと聞いていたので、電車で行くことにしました。

nikki_2016_6_10b

安曇野では電車ってほとんど乗らないのですが、駅ののんびり感が好きです。遠くでとんびの声が聞こえて田んぼが見えて、、待ち時間も苦にならない。

そして、いつもは静かな松本駅に人がいっぱい。まつもとクラフトマーケットはすごい人出でした。たくさんのブース、工芸品と作家の方、くるくると見て回り・・でもなんとなくいいなではなく、これは良い!と思うモノを買いたかったので財布の紐は固め。

nikki_2016_6_10o

以前から気になっていた草木染めろうそくの  ほとり屋 さんの淡く繊細なろうそく。

nikki_2016_6_10p

それと私には珍しくカラフルではない器^^素朴な存在感がとても気に入りました。

真夏のような暑さのこの日。テクテク歩き、中町通りにでてカステラとレモンソーダを飲みました。

nikki_2016_6_10d

cafe chiiannの静かな店内。

 

また大糸線にゆられて帰り、駅まで車でみんなが迎えにきてくれた。

帰り道、小麦畑が金色できれいでした。安曇野の麦秋です。

nikki_2016_6_10a

松本さんぽ+ソラ設計事ム所

nikki_2016_5_17b

週末、友人というか妹の妹のようなcちゃんが松本にやってきました。
夏のように暑く日差しの強い日。

待合せの前にちょっと寄り道。
松本のGooglemapを見ていてミナペルホネンと表記されているのが気になっていたのです。ほんとにあるのかな?と思ったら本当にあった!

可愛さを補給。
東京のミナは早々行かない場所だったので松本だったらすぐ行ける。次はお買物したいな^^
nikki_2016_5_17qそして、待合せ場所の塩川喫茶部へ。
以前、前を通りかかり店構えに味があって良いなぁと思っていた甘味処。

nikki_2016_5_17pクリームあんみつを頼んでみると、大きなガラスボールの器でびっくりしました。シロップをかけるのではなく、ひたひたと甘いシロップ水にひたっている寒天。
なんだか懐かしい味でした。

そしてCちゃんの友人の展示を見にあがたの森の先の先。
ソラ設計事ム所へ。
ソラ設計事ム所は設計事務所ではなく2人の女性のアトリエ兼展示スペース。布もの作品や刺繍はサノアヤコさん・陶芸はクサブカセイコさん。

描かれた線路の先に作品が続く、ほのぼのとしていてすてきな展示でした!私のとても好きな雰囲気。

引越した先で友人の友人に巡りあい、いいなぁと思う作品に出会えるなんて本当に嬉しい。おふたりといろいろとお話も出来、西荻の話もなぜか出てきてびっくりしたり^^Cちゃん、みなさんありがとう。
よい1日になりました。

nikki_2016_5_17d

元喫茶店だった場所なのでお茶も出来ます。おにぎりセット。

そうそう、引越す前に「実は安曇野へ引越すので・・」と話すと、知り合いがいるよと言われる事が多くて驚いたものです。そして紹介してくださった方も数人。やっと落ち着いてきたのでこれからお会いしたいなぁ。